レザークラフトのキホン2

革の表裏の線引き、印付けが終わったなら、次はコバ染め・コバ磨きが必要です。コバとは革の切り口の事を指しますが、実はここの作業はかなり個人差があり、やり方もさまざまだと言われています。しかし、この作業を綺麗に仕上げることが出来れば、作品もより美しさを増すことが出来る大切な工程になります。コバと呼ばれる部分に染料を綿棒などに含ませて塗り、乾かすことで色が段々馴染んできます。コバを磨くという方法もあるのでそちらも覚えておくとよいでしょう。

その工程が終わったら、革を縫い合わせるための準備をする必要があります。革同士を貼り合わせ、縫い代部分を接着させます。革の接着にはゴムのりが有効だと思います。

ここまでの処理が終わったら、菱目打ちと言われる工具で、革に穴をあけます。これを行うことによって革を縫うときに糸を通しやすくしてくれます。菱目打ちによってその穴をあける突起の部分の数が異なります。その用途に合わせて使い分けるとよいでしょう。また、菱目打ちを打つときは、床から垂直の向きで行うと綺麗に穴をあけることが出来るので、そちらも覚えておくとよいかもしれません。

そこまでの作業が終わったら、ようやく縫う作業に入ります。基本的には平縫いと呼ばれる方法で縫っていくことをおすすめしますが、ものによっては違う縫い方でやってみてもよいかもしれません。やっていくうちに覚えていきましょう。縫い終わったら、糸を残さずギリギリのところでカットをし、木工用ボンドなどで革に貼り付けておくことで糸止めが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*